CLOSE UP コラム | トヨタ+NTTなど大手7社、自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤の団体を創設---エッジコンピューティングでコネクテッドカーの実現へ

トヨタ+NTTなど大手7社、自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤の団体を創設---エッジコンピューティングでコネクテッドカーの実現へ

CLOSE UP ニュース

2017年08月17日
オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

トヨタなど大手7社は、2017年8月10日、自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤「Automotive Edge Computing Consortium(AECC)」の創設に向けた活動を開始すると発表した。

参加企業

・Intel
・Ericsson
・デンソー
・トヨタ自動車
・トヨタIT開発センター
・NTT(日本電信電話)
・NTTドコモ

活動方針

AECCは、自動車ビッグデータ向け「ネットワーク基盤」+「コンピューティング基盤」の構築を目的としている。

今後数カ月間をかけて、参加する企業/研究機関をグローバルに募りながらAECCの規模拡大を図るとしている。

「コネクテッドカー」の実現に向けて

AECCは、コネクテッドカーの実現に向け必要となるさまざまなサービスを支える基盤づくりを推進していく。
・インテリジェントな車両制御
・リアルタイムデータを用いた地図生成
・クラウドコンピューティングによる運転支援 など

エッジコンピューティング

自動車とクラウド間のビッグデータの大容量通信と計算処理に重点的に取り組む。
・「エッジコンピューティング」---すべての計算処理をクラウド側で行うのではなく、エッジ端末(末端機器)側でより多くの計算処理を行う
・より効率的なネットワーク構成技術 など

以上、下記URLからの要約
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1708/14/news031.html


著者プロフィール

オープンソース活用研究所 所長 寺田雄一

1993年、株式会社野村総合研究所(NRI)入社。 インフラ系エンジニア、ITアーキテクトとして、証券会社基幹系システム、証券オンライントレードシステム、損保代理店システム、大手流通業基幹系システムなど、大規模システムのアーキテクチャ設計、基盤構築に従事。 2003年、NRI社内に、オープンソースの専門組織の設立を企画、10月に日本初となるオープンソース・ソリューションセンター設立。 2006年、社内ベンチャー制度にて、オープンソース・ワンストップサービス 「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を開始。オープンソースを活用した、企業情報ポータル、情報分析、シングルサインオン、統合ID管理、ドキュメント管理、統合業務システム(ERP)などの事業を次々と展開。 オープンソースビジネス推進協議会(OBCI),OpenAMコンソーシアムなどの業界団体も設立。同会の理事、会長や、NPO法人日本ADempiereの理事などを歴任。 2013年、NRIを退社し、株式会社オープンソース活用研究所を設立。

最新TOPICS

【BI】Google、「BigQuery用Sheetsデータコネクタ」のベータ版開始を発表---最大100億行のデータにスプレッドシートからアクセス(2019年04月11日 11:58)

Googleはサンフランシスコで開催された「Google Cloud Next '19」にて、「BigQuery用Sheetsデータコネクタ」のベータ版開始を発表した。 「BigQuery」とは BigQueryは、Googleが提供するサーバーレスでスケーラビリティに優れたエンタープライズ向けデータウェアハウ...

関連タグ

Pentaho(ペンタホ)

  • BI

Pentaho(ペンタホ)とは、データ統合分析基盤であり、BI/BAツール群の総称。多種多様なデータを統合し、さまざまな観点での分析を行える。

リアルタイムデータ処理()

  • 用語集

「リアルタイムデータ処理」とは、すべてのデータをストレージに格納して処理していた従来手法に代わり、ビッグデータをリアルタイムで処理するための手法。「ストリームデータ処理技術」「複合イベント処理技術」「インメモリデータ処理技術」などの技術を利用することで、データをリアルタイム分析できる処理基盤が普及してきている。

ビッグデータ(Big Data)

「ビッグデータ(Big Data)」とは、一般的なソフトウェアの能力を超えたサイズのデータ集合であり、従来のデータベース管理システムでは「記録」「保管」「管理」「解析」などの処理が難しいほどの巨大で複雑なデータ群。「インターネット普及」「コンピュータの処理速度」「クラウド技術向上」などに伴い、日々大量に生成され溢れている大容量デジタルデータを指す。

LPWA(Low Power、Wide Area)

  • 用語集

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術の総称である。

サイバーフィジカルシステム(Cyber-Physical System)

  • 用語集

「サイバーフィジカルシステム」とは、現実世界(フィジカル空間)での膨大な観測データなどの情報をサイバー空間で数値化し定量的に分析することで、より高度な社会を実現するために「社会システム効率化」「新産業創出」「知的生産性向上」などを目指すサービスおよびシステム。

バックナンバー

関連記事

  • KSKサイド005

Analytics News ACCESS RANKING

facebook

twitter