人工知能の種類として、「特化型AIと汎用型AI」「弱いAIと強いAI」について紹介。

人工知能の種類

人工知能の種類として、「特化型AIと汎用型AI」「弱いAIと強いAI」について紹介。

人工知能の種類

■「特化型AI」と「汎用型AI」

人工知能は、「目的」や「できること」により、「特化型人工知能」と「汎用人工知能」の2つに分類できる。

特化型人工知能(Narrow Artificial Intelligence)

「特化型人工知能」とは、個別の領域に特化して能力を発揮する人工知能である。

これは、特定タスクについて、人間と同等、もしくは、それ以上の処理をこなすことができる人工知能。

特化型AIの例としては、「画像分類」や「顔認識」などがある。

汎用人工知能(Artificial General Intelligence)

「汎用人工知能」とは、特定領域に縛られずに、さまざまな領域において、多様で複雑な問題を解決できる人工知能。

人類はまだこのレベルの人工知能を開発できていない。

■「弱いAI」と「強いAI」

人工知能について「知能」という観点から、「弱いAI」と「強いAI」に分類される。

弱いAI

「弱いAI」とは、ある枠の範囲の中で考える人工知能で、「知能があるようにも見える」ものを指す。

このAIは、あらかじめ想定されている(プログラムされている)以外のことは行なえない。そのため、人間の知的な活動の一部と同じようなことをし、人間の能力を補佐/拡張する機能として期待されている。

特定の範囲内においては、すでに人間のレベルを超えはじめているものもある。

強いAI

「強いAI」とは、特定の領域に縛られず、枠を超えて考える人工知能。

「人間のようにものを考え、認識/理解し、自律的に学び、人間のような推論/価値判断のもとに意思決定を行い、実行できるもの」を指す。

人工知能(AI)最新TOPICS

【AI】CIOが重視すべき「AI戦略 4つの優先事項」(2022年05月09日 11:30)

AIから価値を引き出すことは、「実証可能な迅速な勝利」で現実世界に影響を与えることにつながる。 AI戦略においてCIOが重視すべき「4つの優先事項」を紹介。 AI戦略 4つの優先事項 1⃣AIベースリアルタイム意思決定による差別化 ビ...

人工知能(AI)最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

サーバールーム・工場・プラントにおける「IPKVMの中央管理システム」構築と「遠隔操作のセキュリティリスク」最小化の両立 〜オペレーションセンターからのデータ持ち出し、情報漏洩を撲滅する〜

【再放送】SSO基盤を、IDaaSではなくあえて「社内構築」する 大規模企業が、オープンソースを活用して多要素認証(MFA)などに対応するには

【大企業向け】セキュリティ教育やポリシー強化だけでは防げない、データ誤送信や紛失による内部情報漏洩 〜不正アクセス・ランサムウェア対策以外に、技術的にどのように対応すべきなのか?〜

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter