技術的特異点「シンギュラリティ」として、「概要」「技術的特異点(シンギュラリティ)の名称由来」「シンギュラリティ後の予測」「シンギュラリティの経緯」「シンギュラリティが到来する可能性」「シンギュラリティ到達予測年(2045年問題)」「シンギュラリティに対する懸念」「プレ・シンギュラリティ(前特異点)」について紹介。

技術的特異点「シンギュラリティ」

技術的特異点「シンギュラリティ」として、「概要」「技術的特異点(シンギュラリティ)の名称由来」「シンギュラリティ後の予測」「シンギュラリティの経緯」「シンギュラリティが到来する可能性」「シンギュラリティ到達予測年(2045年問題)」「シンギュラリティに対する懸念」「プレ・シンギュラリティ(前特異点)」について紹介。

技術的特異点「シンギュラリティ」

■概要

技術的特異点(シンギュラリティ)とは「人工知能が人間の能力を超えることにより起こる出来事」である。

「汎用人工知能」あるいは「強いAI」の知能増幅が可能となった場合に起こるとされている出来事であり、一度優れた知性が創造されると、以降は、さらに優れた知性が再帰的に創造され、人間の想像力が及ばない超越的な知性が誕生するという仮説である。

シンギュラリティとは、「人工知能が人間を超える」という曖昧なものではなく、「それまでの時系列と非連続な進化が突然起こる純粋な時系列上の特異点」ともされている。

■技術的特異点(シンギュラリティ)の名称由来

「技術的特異点」とは、人類が人工知能と融合することで、生物学的思考速度限界を超越することで、現在の人類から見て、人類の進化速度が無限大に到達したように見える瞬間に到達することを意味している。

実際には、人類の進化速度が無限大になるということはないが、進化速度が極めて速く、数学的な特異点と同様に見えるため、このように名付けられた。

■シンギュラリティ後の予測

科学技術の進歩を支配するのは、人類ではなく、「強いAI」「ポストヒューマン」であり、これまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。

■シンギュラリティの経緯

登場

現在のコンピュータの動作原理を考案したとされるジョン・フォン・ノイマン氏(1903〜1957)が、技術発展の文脈で初めて「シンギュラリティ」という言葉を使ったと言われている。

1993年

米国の数学者/SF作家のバーナー・ビンジ氏が、論文『The Coming Technological Singularity』で、シンギュラリティの概念を広めた。

2005年

人工知能の世界的権威であるレイ・カーツワイル氏が発刊した『The Singularity is Near』において、「シンギュラリティは2045年頃に実現するだろう」と具体的な時期を予想したことからさまざまな議論が巻き起こった。

2010年代以降

ディープラーニングの産業応用が進むと、マスメディアでも取り上げられるようになり、ある程度の一般層にも認知される概念になった。

■シンギュラリティが到来する可能性

シンギュラリティの到来については、さまざまな意見が存在するが、多数の人がこの予測を肯定的に捉えている。

「技術的特異点を発生させる方法」「技術的特異点の社会的影響」「人類にとって理想的な形で技術的特異点を迎える方法」などが研究されている。

また、人工知能の進歩の仕方によっては、技術的特異点のような事象は発生しないと考える評論家も存在する。

一方、「技術的特異点」の概念は認めつつも、「特異点」となりうるのかについての議論も行われている。

■シンギュラリティ到達予測年(2045年問題)

人工知能学の権威カーツワイル氏の予測

2030年までにコンピュータの計算能力が人間の知能レベルに達する。

2045年頃には、1000ドル程度のコンピュータの演算能力がおよそ10ペタFLOPS(人間の脳の100億倍)となる。

2045年は「汎用人工知能が人類史上初めて出現する年」あるいは「汎用人工知能が人類史上初めて人間よりも賢くなる年」ではなく、「技術的特異点に至るAI知能の土台が十分に生まれている状態」となり、人間社会の仕組みが根底から覆り変容すると予想している。

人類の進化として最も理想的な形で技術的特異点を迎えることができる場合、「人類の知性」が「機械の知性」と完全に融合し、人類が「ポスト・ヒューマン」に進化すると予測している。

2030年説

シンギュラリティが実現するのは、より早い、2030年頃と予測している研究者もいる。

「シンギュラリティ・サミット」の予測

2012年に開催された「シンギュラリティ・サミット」では、「識者の間で予想されるシンギュラリティ実現年の中央値は2040年」としてまとめられている。

■シンギュラリティに対する懸念

「技術的特異点は人類にとっては危険であり回避すべき」と考え、主張している人々もいる。

宇宙物理学者スティーブン・ホーキング氏

技術的特異点は、「人類の能力を超える人工知能が人類を滅ぼしかねない危険性がある」「生物学的進化に制約される人類が人工知能の発達に対抗することは困難」と考えており、国連代表部と国際連合地域間犯罪司法研究所が主催した会議でも懸念を表明している。

イーロン・マスク氏

「Tesra」や「Space X」の創立者イーロン・マスク氏も、シンギュラリティに対して大きな懸念を有しており、人工知能を研究するNPO団体「OpenAI」を設立した。

この団体の目的は「人間レベルの人工知能が実現可能になった時に、自己利益よりも良い成果を優先する研究機関」としている。

■「プレ・シンギュラリティ」(前特異点)

人工知能が人間の知性を凌駕するポイントは、定義上「シンギュラリティ」ではなく、それ以前のポイントという意味で「プレ・シンギュラリティ(前特異点)」と言われている。

2025年頃、人工知能の能力が圧倒的に高まると、「人類の生存に必要な労働負荷が急速に低減」「人類の生活の在り方が根底から覆る」などの社会的な大変革が立て続けに起きると予測されている。

主な予測

・超小型核融合炉の実用化によるエネルギーコストの実質的な無料化
・衣食住の無料化
・汎用人工知能による純粋機械化経済の実現
・現実世界と見分けが付かない程に精緻なVRの実現 など

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

人工知能(AI)最新TOPICS

【AI】AI(機械学習)でエンドポイントセキュリティを改善する10の方法(2019年09月26日 12:08)

クラウドプラットフォームにより、AIおよび機械学習ベースのエンドポイントセキュリティ制御アプリケーションは、増加するタイプのエンドポイントおよび対応する脅威により適応できるようになってきている。 AIによるエンドポイントセキュリティ改善方法トップ10 ①行動パターンなどからのリスクスコア導出はエンドポイントへの...

人工知能(AI)最新CLOSEUPコラム

  • KSKサイド003
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter