AIの事例として、「フォーミュラワングループ F1レース分析」「株式会社JTB AI観光支援アプリ」「キユーピー株式会社 次世代AI検査装置」について紹介。

AIの事例

AIの事例として、「フォーミュラワングループ F1レース分析」「株式会社JTB AI観光支援アプリ」「キユーピー株式会社 次世代AI検査装置」について紹介。

フォーミュラワングループ「F1レース分析」

■概要

フォーミュラワングループは、AWSのAIサービスを利用して、F1レースの各種データ分析を実施している。

→AWS →フォーミュラワン・グループの導入事例

■「フォーミュラワングループ」とは

フォーミュラワングループは、21か国で開催する国際自動車連盟(FIA)主催の自動車レースシリーズである「F1世界選手権(FIA Formula One World Championship)」の推進役を担っている。

■AWSクラウド移行を加速

フォーミュラワングループではITインフラストラクチャの大部分をオンプレミスのデータセンターからAWSへ移行し、AWSの機械学習サービスとデータ分析サービスの標準化を進めている。

■機械学習による分析

各F1車両に搭載された120個のセンサーから送られてくる3GB相当のデータに対して、「Amazon SageMaker」を活用して、過去65年間で蓄積されたレースデータを使い深層学習モデルをトレーニングしている。

株式会社JTB「AI観光支援アプリ」

■概要

株式会社JTBは、ナビタイムジャパンと日本マイクロソフトとの協業のもと、訪日外国人旅行者向けAI観光支援スマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」を開発した。

→Microsoft →お客様事例 →すべての訪日外国人の旅行客に満足を――AI や API エコノミーの仕組みを実装した観光支援アプリの提供で "インバウンド エコシステム" の実現を目指す、JTB

■AI観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」

「JAPAN Trip Navigator」は、AIを活用したチャットベースのコミュニケーションによって、ユーザーの中にある漠然とした要望を具体的な観光プランへと落とし込み、「旅ナカ」でのプラン作成を支援できる。

「JAPAN Trip Navigator」では各社サービスをAPIで連携することで、観光客はプラン作成後に、シームレスに「コト消費」サービスを利用できる。これは、企業や自治体にとっては顧客接点の拡大にもつながる。

■「既存データ」と「学習済みモデル」を統合利用

画像分析については、一般的に有名な施設は学習済みモデルを提供する「Computer Vision Service」で識別し、ここで識別できない施設だけを「Custom Vision Services」で追加学習して対応している。

チャット上のテキスト識別は、既存のFAQコンテンツをまず「QnA Maker」で識別可能にして、不足分について自然言語解析サービス「Language Understanding」で追加学習する仕組みとしている。

キユーピー株式会社「次世代AI検査装置」

■概要

キユーピー株式会社は、GoogleのTensorFlowを活用して、原料検査用「次世代AI検査装置」を開発した。

→Google Cloud →Google Cloud Platform Japan Blog →キユーピー株式会社の導入事例動画:キユーピー + ブレインパッド + Google の取り組みで次世代の AI 検査装置を実現

■課題

従来は、食品原料の不良品の全量検査のために、1個1個目視で検査をするなど人力で対応していたため、大きな負担になっていた。

■TensorFlowを活用したAI検査装置

上記の課題に対応するため、2016年10月にAIを駆使した原料検査装置の開発を表明し、GoogleのTensorFlowを活用した原料検査装置を開発した。

開発は順調に進み、アルゴリズム検討から約2ヶ月でプロトタイプが完成した。

生産性は約2倍となり、十分な検知能力を達成している。

人工知能(AI)最新TOPICS

【AI】CIOが重視すべき「AI戦略 4つの優先事項」(2022年05月09日 11:30)

AIから価値を引き出すことは、「実証可能な迅速な勝利」で現実世界に影響を与えることにつながる。 AI戦略においてCIOが重視すべき「4つの優先事項」を紹介。 AI戦略 4つの優先事項 1⃣AIベースリアルタイム意思決定による差別化 ビ...

人工知能(AI)最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

本当に消えないのか?「Microsoft 365」のバックアップの必要性 ~ランサムウェア対策も含めた、データ保護対策の解説~

製造業の内部不正に対する確実な対応とは? ~ファイルを持ち出されても閲覧できない仕組みをどう実現するのか?~

【DXに難航している経営者向け】SaaS活用、情報セキュリティ、ITシステムの未来はどうあるべきか? リモート環境でも安全に働くためのSaaS・AWS連携

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter