人工知能のレベルとして、「レベル1 制御プログラム相当」「レベル2 多くのパターンに対応可能」「レベル3 対応パターンを自動的に学習」「レベル4 対応パターン学習用の特徴量も自力で獲得」について紹介。

人工知能のレベル

人工知能のレベルとして、「レベル1 制御プログラム相当」「レベル2 多くのパターンに対応可能」「レベル3 対応パターンを自動的に学習」「レベル4 対応パターン学習用の特徴量も自力で獲得」について紹介。

人工知能のレベル

人工知能はおおまかに4段階に分類される。

■レベル1 制御プログラム相当

「設定されたこと」のみを実行し、シンプルな判断のみを行う。

「人工知能搭載」のように宣伝される家電製品などのレベルで、気温/温度の変化に応じて出力を調整する「エアコン」「冷蔵庫」などが該当する。

■レベル2 多くのパターンに対応可能

ルールを教えると、そのルールに則ってさまざまな動きや判断を行えるレベル。

「将棋プログラム」「掃除ロボット」「質問に答える人工知能」などの「弱いAI」が該当する。

人間の持つ知識をできる限り詰め込んでいるような段階である。

■レベル3 対応パターンを自動的に学習

ある程度のサンプル数から自動的に「パターンとルール」を学ぶことが可能なレベル。

判断する軸となる情報があれば、データからルールを設定/学習してより良い判断を行える。「AならばBである」という構造について、1から100まですべて理解するのではなく、ある程度のパターンから推察して、候補となる選択肢から最も近いであろう選択を行えることを最大の特徴としている。

「Googleの検索エンジン」などに代表される「機械学習」に該当する。

■レベル4 対応パターン学習用の特徴量も自力で獲得

レベル3の「パターンとルール」も人工知能が自ら学んで知識データとして積み重ねることができるレベル。

判断となる軸を自ら発見し、自分でルール設定を行い、判断を行える。

「ディープラーニング(深層学習)」が該当する。

人工知能(AI)最新TOPICS

【AI】CIOが重視すべき「AI戦略 4つの優先事項」(2022年05月09日 11:30)

AIから価値を引き出すことは、「実証可能な迅速な勝利」で現実世界に影響を与えることにつながる。 AI戦略においてCIOが重視すべき「4つの優先事項」を紹介。 AI戦略 4つの優先事項 1⃣AIベースリアルタイム意思決定による差別化 ビ...

人工知能(AI)最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【大企業向け】セキュリティ教育やポリシー強化だけでは防げない、データ誤送信や紛失による内部情報漏洩 〜不正アクセス・ランサムウェア対策以外に、技術的にどのように対応すべきなのか?〜

あなたの会社はいま、DXに取り組むスキルが備わっているのか? ~まずは社員のITリテラシーを数値化してみよう~

【再放送】SSO基盤を、IDaaSではなくあえて「社内構築」する 大規模企業が、オープンソースを活用して多要素認証(MFA)などに対応するには

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter