開発の歴史として、「磁気マーカー埋め込み方式」「実用化」「国際基準」について紹介。

開発の歴史

開発の歴史として、「磁気マーカー埋め込み方式」「実用化」「国際基準」について紹介。

自動運転車の開発は古くから進められており、専用道路を走行する車種は1980年代には開発されていた。

磁気マーカー埋め込み方式

過去においては、道路に磁気マーカーを埋め込む方式も開発されていたが、「道路にマーカーを埋め込むコストがかかる」「積雪/除雪への対応」などの問題により、メインストリームになることはなかった。

現在の主流は、道路側にビーコン(無線標識)や発信器などの特別な装置を必要とせず、基本的に車のセンサー主体で自動運転できる自動運転車開発が中心となっている。

実用化

すでに、公道以外の限定された環境では自動運転車の実用化が進んでおり、実際に運用が開始されている。

・あらかじめ設定されたルートをパトロールする無人車両
・ダンプカーなどの無人運行システム(鉱山/建設現場) など

また、公道を走る一般車においても、「自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」「前車追従クルーズコントロール」「車線逸脱防止システム」「駐車アシスト機能」など、自動運転に関する基礎技術が導入され始めており、危険軽減/事故防止の観点から、さらなる技術発展に対する期待が高まっている。

国際基準

国連などの国際機関や各国において、自動運転車を実現するための基準策定が行われている。

自動運転車最新TOPICS

【自動運転】米軍×英国、自律車両を利用した共同演習を実施---自律ロジスティック車両で最前線への供給を支援(2019年09月24日 10:12)

概要 「英国の防衛科学技術研究所(Dstl)」および「米国陸軍戦闘能力開発司令部地上車両システムセンター」は、ミシガン州のキャンプグレイリング合同操縦訓練センターで連合自立補給(CAAR)実験を実施した。 共同実験の一環として、英国が設計した自律車両システムを組み込み、輸送オペレーションのテストなどが実施された。

自動運転車最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【Microsoft365ユーザー向け】クラウドメールサービスの保護に向いていない、ゲートウェイ方式メールセキュリティの課題 ~API連携・AI技術により、セキュリティ強化と運用効率化を実現~

文書を作る過程における情報(Slack/Teamsでのコメントなど)をどう管理、共有するべきか? ~新しい文書情報管理の考え方~

SMS認証の代替手段、より高セキュアな“電話発信認証サービスTELEO”とは? ~スマホによる多要素認証の比較と、SMS認証のリスク~

  • 書籍

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter