自動運転車の課題として、「センシング技術」「システム信頼性」「セキュリティ対策」「倫理的課題」「法整備」について紹介。

自動運転車の課題

自動運転車の課題として、「センシング技術」「システム信頼性」「セキュリティ対策」「倫理的課題」「法整備」について紹介。

自動運転技術は、社会システムに大きな変化を与える技術でもあるため、多くの課題を含んでいる。

センシング技術

自動運転車は、ドライバーの代わりに走行環境認識を行い危険判断と行動を決定するため、現状の運転支援システムよりも遥かに高度な検出機能が求められる。

・車両周辺物体の高精度識別と移動方向認識---道路/交通信号/道路標識/電柱/ガードレール/自動車/歩行者/自転車
・小さな物体に対する高精度な検出
・天候変化への対応---豪雨/積雪 など

システム信頼性

自動運転システムが故障した場合、ドライバーが即座にシステムに変わり運転するのは困難であるため、非常に高い耐久性と信頼性が求められる。

航空機で利用されているクラスの安全性が求められるため、異常動作を起こさない「フェールセーフ機能」や「システム冗長機能」が必要とされる。

セキュリティ対策

不正アクセスやハッキングによる「車両暴走」や「テロ行為への利用」などが発生しないように、自動運転システムには、高度で堅牢なセキュリティ対策も求められる。

倫理的課題

「衝突不可避の状況において、自動運転システムは、何を守り、何を犠牲とするのか?」というトロッコ問題に類似する道徳的問題がある。

人間でも判断に迷う状況において、「どのように自動運転システムに倫理的判断を行わせるべきか?」という課題に向き合う必要がある。

法整備

政府は、自動運転車の実現のため、「道路交通法改正」や「損害賠償責任の所在」など、さまざまな法的枠組みの整備が必要となる。

また、「自動運転車用無線通信周波数の確保」など、さまざまな対応が求められる。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

自動運転車最新TOPICS

【自動運転】米軍×英国、自律車両を利用した共同演習を実施---自律ロジスティック車両で最前線への供給を支援(2019年09月24日 10:12)

概要 「英国の防衛科学技術研究所(Dstl)」および「米国陸軍戦闘能力開発司令部地上車両システムセンター」は、ミシガン州のキャンプグレイリング合同操縦訓練センターで連合自立補給(CAAR)実験を実施した。 共同実験の一環として、英国が設計した自律車両システムを組み込み、輸送オペレーションのテストなどが実施された。

自動運転車最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AWSコスト最適化ポイント ~利用状況の把握、最適構成の検討、新サービスの導入効果検証など~

大企業におけるSalesforce利用課題と、定着化/活用までの取り組み

企業利用のSlackやMicrosoft Teamsと、取引先やパートナー企業のチャットとを連携する「CHAT-HUB(チャットハブ)」 ~ビジネスチャットの一元化、監査、バックアップ~

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter