ディープラーニングのユースケースとして、「画像認識」「音声認識」「自然言語処理」「検索エンジン」「レコメンデーション」「医療」「セキュリティ」「金融」「産業オートメーション」「自動運転」について紹介。

ディープラーニングのユースケース

ディープラーニングのユースケースとして、「画像認識」「音声認識」「自然言語処理」「検索エンジン」「レコメンデーション」「医療」「セキュリティ」「金融」「産業オートメーション」「自動運転」について紹介。

ディープラーニング手法は、人工知能(AI)の急速な発展を支えている技術であり、その進歩によりさまざまな分野への実用化が進んでいる。

今後も、研究進展により、新たな実用事例が続々と登場してくることが期待されている。

画像認識

・顔認証
・感情分析
・自動運転
・画像キャプション(画像説明文の自動生成)
・警察の捜査(大量の防犯カメラ画像データ分析) など

音声認識

・音声のテキスト化
・音声特徴での人物識別
・パーソナルアシスタント(Apple「Siri」、Amazon「Alexa」) など

自然言語処理

・文書要約
・機械翻訳
・コールセンターでの問い合わせ対応(顧客クレーム対応)
・チャットボット
・医師の臨床メモ など

検索エンジン

・Google検索 など

レコメンデーション

・ECサイト「Amazon」
・動画サイト「Netflix」
・音楽ストリーミングサービス「Spotify」 など

医療

・新薬発見
・悪性腫瘍検出(レントゲン写真、CTスキャン、超音波検査、MRIなどの画像分析) など

セキュリティ

・ディープラーニングアンチウイルスパッケージ(自動で危険なコードを認識) など

金融

・金融トレーディングプラットフォーム(トレーディング意思決定支援機能) など

産業オートメーション

・作業者の安全性向上(機械の危険域内に侵入した人や物の自動検出)
・産業機器異常検知(兆候感知) など

自動運転

・標識/信号機の認識
・歩行者検知 など

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

ディープラーニング最新TOPICS

【AI】ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なこと---日本ディープラーニング協会理事長の提言、「やったもの勝ち」「必要なのは行動するための知識」(2018年06月05日 10:03)

「ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なことは何か?」について、日本ディープラーニング協会理事長である東京大学の松尾豊特任准教授は、「やったもの勝ちだ」「必要なのは行動するための知識」であると提言する。 【解説テーマ】 ・薄く広くでは負けてしまう ・やったもの勝ち!高校生もできる

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

マルチクラウドで高まる、暗号鍵漏洩の危険性

企業の認証基盤は、クラウド(IDaaS)でここまでできる ~完全テレワークに備え、SaaSだけでなく、社内ADや社内業務システムと、認証連携、ID連携する~

クラウド翻訳のリスク(学習データに機密情報が使われてしまう)

  • 書籍
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter