「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

ディープラーニング(深層学習)とは~その実装、アルゴリズムと画像認識~

「ディープラーニング(Deep Learning:深層学習)」とは、コンピュータによる機械学習の1種であり、人間の脳の階層構造をコンピュータで再現しようと言うアイデアに基づいた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にする。

概要

ディープラーニング(深層学習)とは、人間が自然に行うタスク(音声認識/画像認識/予測など)をコンピュータに学習させる機械学習手法の1つである。

人間がデータを編成して定義済みの数式にかけるのではなく、人間はデータに関する基本的なパラメータ設定のみを行い、その後は、コンピュータ自体に課題の解決方法を学習させる。

コンピュータは大量のデータを取り込み、何層もの処理を用いたパターン認識を行うことにより、自動的にデータから特徴を抽出する「ディープニューラルネットワーク(DNN)」を用いた学習を行う。

1層の処理のみではシンプルな結果しか導き出せないが、処理を行う層を深く(ディープに)することで複雑な処理を行えるようにするというのが、ディープラーニングのアプローチ方法である。

ディープラーニング最新TOPICS

【AI】ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なこと---日本ディープラーニング協会理事長の提言、「やったもの勝ち」「必要なのは行動するための知識」(2018年06月05日 10:03)

「ディープラーニングでビジネスチャンスをつかむために必要なことは何か?」について、日本ディープラーニング協会理事長である東京大学の松尾豊特任准教授は、「やったもの勝ちだ」「必要なのは行動するための知識」であると提言する。 【解説テーマ】 ・薄く広くでは負けてしまう ・やったもの勝ち!高校生もできる

  • 勉強会

Analytics News ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter